ブログ

千産千消!千葉のPremium SAKEを召し上がれ|板前バル 印西店

2017.10.24
千産千消!千葉のPremium SAKEを召し上がれ|板前バル 印西店
こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

印西市は茨城県に接していて、千葉県の中では北寄りにあります。印西市のある千葉県は実は空港もあり、港もあり、田畑も多く、港ではおいしい魚が獲れ、酪農も盛んだという、一つの県なのに実は何でもそろっているという不思議な土地でもあります。

つまり便利なのにおいしいものが育つ場所、ということなんですね。そこで今回は、皆様にいつでも楽しんでいただける、おいしい千葉産のPremium SAKEについてご紹介したいと思います。

板前バル 印西店では、千葉県産のPremium SAKEとして、「不動・岩の井・木戸泉・福祝・甲子」をご用意しております。それぞれの特徴についてご紹介したいと思います。



 

不動


もともとは成田山新勝寺の門前で酒造りをしていましたが、現在は田園の美しい香取郡神崎町(こうざきまち)に 酒蔵を移し「酒・人・心」をモットーに全て社員による手造りで酒造りをしているメーカーです。不動はその名前のイメージよりも軽くて飲みやすく、やや甘めの旨み、キレのあるお酒です。

 

岩の井


創業は享保8年(1723年)と伝えられる歴史のある蔵です。米の旨味を引き出すための「山廃仕込み」にこだわり、岩の井(いわのい)の名前の由来ともなっている「岩瀬の井戸」の硬度の高い水で仕込むことで、独特とコクがあり、すっきりとした後味が特徴的なお酒を造り続けています。
蔵元のある御宿は童謡「月の砂漠」のモデルになったと言われている場所です。

 

木戸泉


山廃仕込みと呼ばれる日本酒の中でも、普通8℃前後である山廃酛の仕込み温度を55℃の高温で仕込んでおり、そこが高温山廃仕込と呼ばれるゆえんです。55℃という温度は、麹菌がデンプンを糖化する最適温度でありここまで温度を上げると、大抵の雑菌は死んでしまうため殺菌作用の効果もあるとのことです。酸味とキレがありすっきりした味わいは、濃い目の肴に合いそうです。

 

福祝


享保元年に創業し現在で9代続く藤平酒造は、造り手3人だけで一貫して手造りにこだわるため、一本一本が少量仕込みの酒蔵です。めでたさが重なるようにと、お目たい言葉である福と祝を重ねた酒名をつけられた「福祝」の香り高くすっきりした味わいは、お祝いの席にピッタリです。流通量が少ないながらも味の良さから人気が上がっている銘柄です。

 

甲子


千葉県酒々井の地で300年、清酒甲子正宗を造り続けてきた株式会社飯沼本家が蔵元です。酒々井という酒と井戸を表すこの土地の名の絵からして酒造りに適した土地であることがわかります。酒は食との関係を常に意識する必要があり、和食とのマリアージュを考えた酒造りに努めている甲子は洗練されていてフルーティな味わいです。まさに食べながら飲むことでおいしさが実感できるお酒ではないでしょうか。

 

蔵元のこだわりを伺うと、どれも飲んでみたくなるお酒ばかりですね。今宵は千産千消の千葉産のおいしいお酒と、当店の板前料理の組み合わせをたっぷりお楽しみください。



 

板前バルは、板前がお客様の目の前で食材を捌く和食バル。

板前目ききの新鮮魚介に、季節の彩りにみちた本格的な創作和食。

そして山形の厳選地酒にこだわりの白ワイン…

スペインの酒場「バル(BAR)」のスタイルを、

そのまま日本風にアレンジした、ありそうでなかった和食バルです。

板前が目の前でさばく魚介・鮮魚は、

味も見た目も美しく誰もが手軽に立ち寄れるリーズナブルな料金設定も魅力です。

当店自慢の「板前箱盛 刺身盛り合わせ」には

新鮮な魚介をふんだんに使用したお刺身をたっぷり使用。

その他、旬の食材を使用した彩り鮮やかな

和×洋を盛り込んだメニューをご提供しております。

 

電話番号:05073025512

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Google+はこちら

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分