ブログ

日本人でも意外と知らない!和食の正しい食べ方|板前バル 印西店

2017.03.8
日本人でも意外と知らない!和食の正しい食べ方|板前バル 印西店
こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

 



 

日本が世界に誇るもの、それが「和食」です。

箸を使い、上品に食べる和食はまさに日本を象徴するものですよね。

海外からも人気があります。

 

和食には、和食の正しい食べ方とテーブルマナーがあります。

意外と知らないのではないですか?

正しいマナーを身につけて、日本人として恥ずかしくないようにしましょう。

 

和食の作法

 

子供の頃に、よく親から食べ方などを注意された経験はあるでしょう。

「箸使いを見れば、育ちがわかる」というように、テーブルマナーは非常に大切です。

 

まず、お茶碗やお椀を手で持たないで食べるのは、

日本の食事文化において作法違反とされています。

お行儀が悪いということですね。

 

また、料理上の空間を妨げないのが和食の礼儀で、

箸であっても、器の上に放置してはいけません。

 

そして、右にある食べ物を撮る際は右手を使い、

左にあるものを撮る際は左手を使うのも作法です。

反対の動きは、「袖越し」と言ってマナー違反になるので注意してください。

 

まとめると、

 

・お茶碗を手で持たないで食べるのはNG

・料理上の空間を妨げるのはNG

・目の前にあるものを手で覆う行為はNG

 

この3つを覚えておきましょう。

 

和食の正しい食べ方

 

盛り合わせ料理は、左から右にかけて徐々に味が濃くなるように盛り付けてあります。

そのため、盛り合わせ料理の場合は、左側から食べることが和食のルール。

 

和食の食べ物は一つではないので、

何か一つを集中的に食べることはマナー違反になります。

ご飯と汁物は一口ずつ順番に食べるようにします。

 

ご飯

 



 

ご飯をおかわりする際は、全て食べ終えてからではなく、

一口ほど残してからします。一口だけ残すなんて、普段全然しないことですよね。

でも、これも和食のルール、なんだかとても興味深いですよね。

 

お刺身

和食では、お刺身もよく出てきます。

お刺身は、味が淡白なものから順番に食べていきます。

白身、貝類、赤魚類の順ですね。

 

焼き魚



 

基本的に左側から食べていきます。もし、食べれないのなら、

皮は残しても失礼にはならないので心配無用です。

魚の皮が苦手!という人には朗報です。

 

まとめ

 

今まで、気づかずに和食のマナー違反をしていたという人は多いのではないでしょうか?

 

いくら日本人といっても、普段の生活であまり馴染みのないことなので、知らない人は多いと思います。心配要りません。
今日から和食の正しい食べ方をマスターして、ぜひ実践してみましょう。

 



 

板前バルは、板前がお客様の目の前で食材を捌く和食バル。

バル×和食をコンセプトに、和食とバル料理を融合させた創作料理をご賞味頂けます。

鮮度にこだわった食材を使った和食をお楽しみ下さい。

 

電話番号:05073025512

twitterはこちら

 

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分