ブログ

豚肉の部位とその調理法|板前バル 印西店

2017.03.20
豚肉の部位とその調理法|板前バル 印西店
こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

 



 

豚肉はご家庭の食卓でも良く使う食材ではないでしょうか。

うまみも強く値段も他のお肉に比べると割合安価な場合が多いですよね。

暑い時にはしょうが焼、寒い時にはカレーやシチュー等、

美味しく食べられる料理は大変多くあると思います。

今回はそんな豚肉の基本的な部位と、

それぞれの調理方法について簡単に見て行きましょう。

 

 

豚肉の部位とは

豚肉はいくつかの部位に別れています。

肩・肩ロース・ロース・ヒレ・バラ・モモ・豚足・耳や内蔵、等等。

耳や内蔵は特に沖縄料理に使われていますが、

独特のこりこりとした食感が美味しく煮込み料理として人気がある部位となっています。

 

豚肉の部位それぞれにあった調理方法とは

 



 

肩は豚の肉の部位の中でも筋肉質が多く含まれているために

少し硬い食感となっています。

そのためじっくりと煮込む料理に向いており、

脂質もある程度は含んでいるのでジューシーな味わいを楽しむ事が出来ます。

出来るだけ旨味を閉じ込めるために、

カレー料理等に使う場合には煮込む前に表面に中に火が通らない程度に

焼き目を付けることがポイントです。

肩ロースもカレー等にぴったりのお肉ですが、

そのほかにも生姜焼き等の炒め料理にも使用することが出来ます。

筋があるので使う前にはしっかりと筋切りをしておきましょう。

 



 

ロースは豚の中でも一番美味しい部位となっています。

脂身も多く、カツや焼き肉、炒め物にも向いており

様々な料理の食材として使用出来ます。

ヒレは良くカツ等に使用されていますが、

脂質が少なくて多少淡泊な味わいとなっています。

下ごしらえをしっかりとして、

また焼き過ぎでお肉が硬くならない様に注意することが大切です。

 



 

バラは肉じゃが角煮、骨つきですとスペアリブとして楽しむ事が出来ます。

煮込み料理にも焼き料理に向いていますが、

味が濃いのでお肉そのものの旨味を楽しんでみてください。

 

モモは脂質が少ないのでさっぱりと食べたい時にお勧め、

サラダのアクセントにもぴったりの味わいとなっています。

 

以上簡単に紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

部位によって脂質の量が変わってくるので、

淡泊なお肉と濃厚な味のお肉の違いを楽しんでみてください。

 

 



 

板前バルは、板前がお客様の目の前で食材を捌く和食バル。

バル×和食をコンセプトに、和食とバル料理を融合させた創作料理をご賞味頂けます。

鮮度にこだわった食材を使った和食をお楽しみ下さい。

 

電話番号:05073025512

twitterはこちら

 

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分