ブログ

日本の3大地鶏 その違いと簡単な説明

2017.04.10
日本の3大地鶏 その違いと簡単な説明
 

こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

 



地鶏と聞くと、美味しそうな料理を連想してしまう人も多いことでしょう。

地鶏なら毎日でも大丈夫、という人もいるかもしれません。

日本には3大地鶏がありますが、皆さんはご存知でしょうか?

主に愛知県で生産されている名古屋コーチン、秋田県生産の比内地鶏、

鹿児島県生産の薩摩地鶏です。

以下で、それぞれを紹介します。

 

代表的存在である名古屋コーチン



まず、愛知の名古屋コーチンです。

日本では多くの地鶏が登録されていますが、

その中の一つがこの名古屋コーチンです。

その歴史は古く、明治時代の前から在来種として認知されていました。

鶏そのものは高級食材として有名ですが、

その名古屋コーチンが産んだ卵も高価なのです。

名古屋コーチンは、地鶏の中でも飼育期間がとても長いのが特徴です。

その日数は120~150日程度と言われており、とても引き締まった肉質になります。

 

東北を代表する比内鶏



次に、東北を代表する比内鶏です。

比内鶏も、名古屋コーチンに負けないぐらい高い知名度の鶏です。

比内鶏は希少価値があり、高級鶏として評価されています。

長い間品種改良が行われませんでしたが、

最近は品種改良が行われた地鶏が流通しているようです。

 

鹿子島の薩摩地鶏



最後は、鹿児島の薩摩地鶏です。

薩摩地鶏は鹿児島で生育されている地鶏であり、

名古屋コーチンや比内地鶏に負けないぐらいの味です。

鹿児島と聞くとかごしま黒豚をイメージしますが、

この薩摩地鶏もとても有名なのです。

もともと活動的な鶏ということもあり、

鶏の中でも肉の引き締まり具合が最高です。

 

まとめ

日本の3大地鶏を紹介しました。

どれも希少価値がある鶏ばかりです。

高い評価を得ている地鶏、その食感と肉の柔らかさを堪能してください。

 



板前バルは、板前がお客様の目の前で食材を捌く和食バル。

バル×和食をコンセプトに、和食とバル料理を融合させた創作料理をご賞味頂けます。

鮮度にこだわった食材を使った和食をお楽しみ下さい。

電話番号:05073025512

twitterはこちら

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分