ブログ

牡蠣について|板前バル 印西店

2017.04.24
牡蠣について|板前バル 印西店
こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

 

「海のミルク」と言われている牡蠣のシーズンを

心待ちにしている牡蠣ファンはとても多いです。

多くの国で牡蠣は食べられ、その栄養価はとても高い評価を得ていますね。

牡蠣について調べてみます。



牡蠣

牡蠣の旬は、英語で「R」がつく月、September,October,Novembere,Decemberです。

Rのつかない、四月から八月は、牡蠣の産卵期のため、食用には適していません。

 

牡蠣の効能

栄養の宝庫、たんぱく質、ミネラル、ビタミンA、タウリン、グリコラーゲンなど、

他にも多くの栄養素が含まれている牡蠣です。

 

★貧血予防

タンパク質、血を作るための鉄、銅、ビタミン類、葉酸などが

とても豊富に含まれているため、貧血予防に良いです。

 

★美肌

女性が気にする美肌に、牡蠣に含まれているメチオニン、シスチン、タウリン

などのアミノ酸で肌を綺麗にする効果があります。

 

★二日酔い

牡蠣に入っているタウリンには肝機能を高める作用があり、

二日酔いの症状を緩和します。

 



牡蠣料理

牡蠣は、生でも、加熱しても美味しく頂くことができます。

生牡蠣が苦手という人も、火を通した牡蠣、牡蠣の燻製などは

好きという人もいます。

 

★牡蠣のバター炒め

生牡蠣が苦手な人にオススメな牡蠣のバター炒めです。

よく洗った牡蠣を軽く蒸して、最後に熱したフライパンにバターと

牡蠣、醤油で味を整えて出来上がりです。

 

★生牡蠣

牡蠣好きにはたまらない生牡蠣です。

レモン汁を少し垂らして頂くとってもシンプルで簡単な牡蠣料理です。

 

★牡蠣ご飯

牡蠣をだし汁で煮ておき、ご飯を炊くときに炊飯器に一緒に入れ、

あとはご飯が炊き上がるのを待つのみです。

 

牡蠣のウイルス

海がノロウイルスなどになってしまうと、牡蠣により、

ノロウイルスなどのウイルス感染を起こしてしまう人が毎年います。

風邪で体調が悪いとき、妊婦さんなどは、

生牡蠣を食べることは避けておきましょう。

牡蠣の中心を85度以上に加熱することで、ウイルスの感染予防ができます。



まとめ

牡蠣は、栄養価がとても高く、美味しいですが、体調が弱っている時などは、

食べるのをやめておく、または加熱したものをお勧めします。

日本では広島の牡蠣、海外でもアメリカ産、

南米産などたくさんの牡蠣があります。

色々な種類の牡蠣を食べることができるオイスターバーは常に賑わっていますね。

家でも簡単に食べることができる牡蠣フライは定食の定番です。



板前バルは、板前がお客様の目の前で食材を捌く和食バル。

バル×和食をコンセプトに、和食とバル料理を融合させた

創作料理をご賞味頂けます。

鮮度にこだわった食材を使った和食をお楽しみ下さい。

 

電話番号:05073025512

twitterはこちら

 

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分