ブログ

板前について|板前バル 印西店

2017.05.2
板前について|板前バル 印西店
 

こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

 

和食のシェフ「板前」さんは、日本料理には欠かせない人たちです。

板前になるには、何年もの月日が掛かるという話はよく聞きますね。

忍耐力が求められ、お料理のセンスも問われる板前について調べてみました。

 



 

板前とは?

板前とは、まな板の「板」の前で調理する人の事を言います。

「板さん」と呼ばれることもある板前は、主に関東で呼ばれている呼称です。

関西では、「板場」と呼ばれることも多くあります。

寿司職人とは全く違う板前は、料亭や旅館などの料理人です。

 

板前になるには?

板前になるには、いくつかの道がありますが、

基本的に板前になるには、学歴は重視されません。

一人前になるまでには長い修行期間が必要なため、

学歴よりも、忍耐、センスなどを重視することが多いです。

 

★中学校、高校を卒業後、すぐに修行を始め、

修行は最低でも2−3年、長い時には10年に及ぶこともあります。

★高校卒業後、調理専門学校へ行き、調理を基本から学び、

調理師免許を得てから日本料理店へ就職する道もあります。

 



 

板前に向いている人

板前になりたい!と思うだけでは、板前への道は厳しすぎます。

板前に本気でなりたいと思っている人にはいくつか求められることがあります。

★忍耐力と体力

長年かかる修行に耐え、店の掃除、仕込み、

片付けを早朝から深夜まで行い、上下関係、礼儀も非常に厳しい世界です。

生半可な気持ちでは途中で挫折してしまいます。

★手先が器用

日本食は、味だけではなく、料理のセンスも問われます。

日本食は舌で楽しむだけではなく、

綺麗に盛り付けられた料理を目でも楽しみます。

最初から皆ができるわけではありませんが、

細かい作業が嫌いな人には板前は向いていません。

★人に喜んでもらう心

全ての料理人に共通しますが、料理を作って、

人に喜んでもらいたいという「おもてなし」の心を

持っていることがとても大切です。



 

まとめ



長い包丁を綺麗に使いこなし、

目でも楽しめる素敵な料理を創る板前は、

なりたいと思うだけでは夢は実現できません。

人を喜ばせる心を持ち、食べている人の笑顔を想像しながら、

美味しい日本の料理を日本人にはもちろん、

外国からのお客様たちへも提供できる板前が日本にはいます。

板前バルでも心込めて板前さんが料理しています

おもてなしも最高ですので、是非絶品料理を楽しみに

板前バルへお越しくださいね!

 

 

 

 

 

板前バルは、板前がお客様の目の前で食材を捌く和食バル。

バル×和食をコンセプトに、和食とバル料理を融合させた

創作料理をご賞味頂けます。

鮮度にこだわった食材を使った和食をお楽しみ下さい。

 

電話番号:05073025512

twitterはこちら

 

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分