ブログ

魚は築地から仕入れています! 刺身についての考察|板前バル 印西店

2017.05.31
魚は築地から仕入れています! 刺身についての考察|板前バル 印西店
こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

2017年ももう折り返し地点となり、私達はこれからの目標に向かって精進してゆく毎日です。しかしふと日本人としての誇りを感じたい、そんな日もあるでしょう。そこで当店で日本人ならではの嗜みでもある「刺身」を食べてみてはいかがでしょうか? 板前バル 印西店では、板前箱盛り刺身1,850円(税抜)(ミニサイズ なら税抜で1,100円)などでそれを堪能頂けます。

今回は刺身に焦点を当てて紹介していきます。

 

刺身は敢えてヒレを残す



刺身はその種類が分かるように、敢えて切った魚のヒレを見えるように残していると言う昔からの風習が残っています。そこには、どの種類の魚の刺身か?見た目で区別が分かるようにする事から、子供が刺身に興味を持ち将来も食べてもらえると言う考えもあるんじゃないか?と個人的には思います。

また刺身を「切り身」と呼ばないのは、古くからの武家社会として『縁が切られる』や『腹を切る』と言う意味合いになるからと言うのがあります。確かに切り身の種類はまた別にありますが、現代の我々でも接待で使う時あまり「切り身」「切り身」と連呼したくないものです。

 

奇数で盛るのも通年の一つ




また刺身は敢えて奇数で盛るのも通念の一つです。奇数は縁起が良いと言われ、割り切れないことは陰陽道の世界では良いとされ、反対に偶数の割切れる数値は”陰の数”と言われています。

偶数だと何となくですが締まりが悪く見えるのもそこにあるのかもしれません。ただし9は、「苦しむ」の9でもあるからそこは好まれません。

ただし、そう言った由縁を調理スタッフ全員が意識しているわけではないと思うので、もし「偶数」で出されたとしてもご容赦ください。

 

当店で刺身などで息抜きして下さい


刺身について色々考察してまいりましたがいかがでしょうか? もちろんそう言った理屈なしに、年の前半の息抜きとして当店を利用してもらえたら幸いです。

板前バルは、板前がお客様の目の前で食材を捌く和食バル。

板前目ききの新鮮魚介に、季節の彩りにみちた本格的な創作和食。

そして山形の厳選地酒にこだわりの白ワイン…

スペインの酒場「バル(BAR)」のスタイルを、

そのまま日本風にアレンジした、ありそうでなかった和食バルです。

板前が目の前でさばく魚介・鮮魚は、

味も見た目も美しく誰もが手軽に立ち寄れるリーズナブルな料金設定も魅力です。

当店自慢の「板前箱盛 刺身盛り合わせ」には

新鮮な魚介をふんだんに使用したお刺身をたっぷり使用。

その他、旬の食材を使用した彩り鮮やかな

和×洋を盛り込んだメニューをご提供しております。

 

電話番号:05073025512

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Google+はこちら

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分