ブログ

山形の地酒、初孫の大吟醸の魅力 |板前バル 印西店

2017.06.28
山形の地酒、初孫の大吟醸の魅力 |板前バル 印西店
こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

初夏を控えて、涼し気な話題の一つとして、今回は当店の人気日本酒である山形の地酒「初孫」の中から、初孫・大吟醸の魅力をご紹介します。



伝統ある品評会で全国一に輝いた名酒



初孫は平成10年の全国選抜品評会で、京都の伏見より以東の蔵元(金沢や新潟、秋田などの銘醸地)では史上初めて全国一位を獲得した名酒です。


その初孫に山田錦で醸したのが大吟醸です。 華やかな香りと優雅な味わいが人気で、フルーティーな日本酒として女性も楽しめます。



やわらかくやさしい味は和食に最適



初孫・大吟醸は、杜氏の腕前が十分に生かされた逸品で、やわらかくやさしい味わいが特徴の美しい大吟醸です。 あまりお酒を飲めない人でもスッと美味しく飲めます。


当然、その風味は新鮮な魚介を中心とした和食に最適なお酒と言えます。


例えば、生魚の匂いが苦手という人でも、この初孫・大吟醸と共に食べると生臭さが緩和され、かつ食材の素材の美味しさも損なうことなく食べられます。



フランス料理店でも使われる初孫




もともと秘蔵初孫の味の真価は、食べ物との相性と言われています。そして杯を重ねるごとに少しずつですがしっかりと感じられる味わい。香りと味の絶妙なバランスが大変、優れているお酒です。

大吟醸はこれをさらにやさしいフルーツの香りでつつみ、和食の美味しさを引き立たせてくれます。

そのバランスの良さは、酒田を代表するフランス料理店「ル・ポットフー」専用の日本酒として使われているほどです。


フランス料理はフランス・ワインという常識を覆し、そのしっかりとした上にまろやかさが兼ね合わさった酒質と、上品な吟醸の味わいはフランス料理に見事にマッチし、酒田のレストランでしか飲めない酒として日本中にその名を響かせたのです。


板前バルは、板前がお客様の目の前で食材を捌く和食バル。

板前目ききの新鮮魚介に、季節の彩りにみちた本格的な創作和食。

そして山形の厳選地酒にこだわりの白ワイン…

スペインの酒場「バル(BAR)」のスタイルを、

そのまま日本風にアレンジした、ありそうでなかった和食バルです。

板前が目の前でさばく魚介・鮮魚は、

味も見た目も美しく誰もが手軽に立ち寄れるリーズナブルな料金設定も魅力です。

当店自慢の「板前箱盛 刺身盛り合わせ」には

新鮮な魚介をふんだんに使用したお刺身をたっぷり使用。

その他、旬の食材を使用した彩り鮮やかな

和×洋を盛り込んだメニューをご提供しております。

電話番号:05073025512

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Google+はこちら

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分