ブログ

新鮮な鯛のなめろうを雲丹と共に!

2017.05.10
新鮮な鯛のなめろうを雲丹と共に!
こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

春も終わり、気温も上がってきたこの季節、栄養の高いものを食べて元気をキープしたいところではないでしょうか?

今回は、板前バル印西店の名物料理の一つである「鯛のなめろう 雲丹のせ」の魅力をご紹介します。

 

漁師が愛したお酒のおつまみ、なめろう




 

なめろうは、もともと房総半島沿岸発祥の郷土料理の1つで、漁師さんが船の上で作られていたといわれる漁師料理です。

獲れたての新鮮な魚をおろして、日本酒やみそ、生姜やミョウガなどの香味野菜と一緒に、粘性が出るまで、漁師料理らしく豪快に包丁でたたいて作ります。

実になめらかな舌触りで、料理が盛られている器に付着した身まで舐めてしまうほど絶品だったことから「なめろう」と命名されました。

少しずつ口に運んでは、いつまでもお酒が飲みたくなる極上のおつまみとして、長い間、漁師さん達から愛されてきました。

なめろうに使われる魚は、主にサンマやイワシ、トビウオなどの青魚ですが、板前バルでは、贅沢に新鮮な鯛で作ります。

栄養価満点の鯛




鯛はご存知のように、めでたい時に振舞われる高級魚です。

脂質が少なく淡白で青魚のクセがなく、鯛特有の上品な香りとうま味があって、日本人は太古の昔からこの魚が大好きです。
刺身や焼きもの、揚げものなど、どのように調理しても美味しい魚で、
プリプリとした歯ごたえは、一度、食べたら忘れられない美味しさです。

また鯛には健康パワーが凝縮されています。

鯛の身のたんぱく質は、グルタミン酸をはじめとする必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のものでを多く含み、身体の働きを調節する酵素やホルモンもつくりだしてくれます。
また、旨味成分のイノシン酸を豊富に含んでいます。イノシン酸は、分解速度が遅いので調理してから長時間経っても、旨味成分が存分に残っています。「腐っても鯛」といわれる所以です。

板前バルでは、この鯛を前述したように絶品のなめろうに仕上げ、さらに新鮮な雲丹を載せました。

日本海の香りを感じさせる、この逸品を是非、お楽しみください。

バル×和食をコンセプトに、和食とバル料理を融合させた

創作料理をご賞味頂けます。

鮮度にこだわった食材を使った和食をお楽しみ下さい。

 

電話番号:05073025512

twitterはこちら

 

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分