ブログ

初孫の兄弟ブランド、麓井 圓の魅力!

2017.05.19
こんにちは!板前バル 印西店PR担当です。

当店は山形の地酒、初孫を中心に日本酒、焼酎各種、取り揃えていますが、その中から、今回は初孫の兄弟ブランドとして有名な「麓井(麓井)圓(まどか)の魅力をご紹介します。



初孫と同じく生もとにこだわった日本酒!



麓井がなぜ、初孫の兄弟ブランドと言われているかというと、酒造りの大半を生もとで行う蔵元だからです。


生もと造りは、庄内では初孫(東北銘醸)が有名なのは周知の事と思います。麓井と初孫は親戚関係、兄弟関係にある蔵元と言えるわけです。


麓井酒造は、山形の鳥海山の南側の麓に位置するたいへん良好な水質の水源を持つ場所で日本酒を製造しています。


社名の「麓井」は、創業当時、藩主酒井家の分家の人々から酒造りの指導を受けた 事から、酒井家の「井」、地名の「麓」を合わせ「麓井」となったと言われています。


その麓井の 代表作ともいえるお酒が、大吟醸 圓です。



ソフトなコク、味とキレのよい軽快な味が特徴



この大吟醸 圓は庄内地方の吟醸酒の草分け的存在です。


まだ、ほとんど吟醸酒が市販されてなかった頃から、庄内最古参の市販吟醸酒として登場し、スッキリした味わいと安定した酒質で非常に人気の高い麓井の定番酒として親しまれてきました。


圓(まどか)は単にビリビリ辛い純米酒ではなく、ほのかな吟醸香、なめらかな喉越しが特徴で、料理を引き立たせてくれます。


飲み頃温度も冷やはもちろん、ぬる燗までと非常に幅広い酒です。


辛口でキレのよい酒ですが燗をすると甘味が増します。


食べ物の種類や味、そして飲み手のお好みに合わせて最適な温度を自分で調整できるという使い勝手があり、これは、しっかりした生もと造りで醸された酒がなせることです。


温度変化を楽しみながら単品で飲むのも良し、食事を引き立ててくれる名脇役として楽しむのも良しという名酒です。


是非、一度、ご賞味ください。


板前バルは、板前がお客様の目の前で食材を捌く和食バル。

板前目ききの新鮮魚介に、季節の彩りにみちた本格的な創作和食。

そして山形の厳選地酒にこだわりの白ワイン…

スペインの酒場「バル(BAR)」のスタイルを、

そのまま日本風にアレンジした、ありそうでなかった和食バルです。

板前が目の前でさばく魚介・鮮魚は、

味も見た目も美しく誰もが手軽に立ち寄れるリーズナブルな料金設定も魅力です。

当店自慢の「板前箱盛 刺身盛り合わせ」には

新鮮な魚介をふんだんに使用したお刺身をたっぷり使用。

その他、旬の食材を使用した彩り鮮やかな

和×洋を盛り込んだメニューをご提供しております。

 

電話番号:05073025512

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Google+はこちら

板前バル 印西店PR担当でした。

板前バル 印西店のご案内-印西居酒屋-

店名
板前バル 印西店
住所
千葉県印西市原1-2
電話番号
050-7302-0722
営業時間
月~金
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
なし
アクセス
北総線 印西牧の原駅 徒歩1分